雨漏り
FAIL (the browser should render some flash content, not this).
なにわ建築保全 施工業者様へ 雨漏りの知識 検査方法 お客様の疑問にお答えします お家の雨漏りおまかせ下さい-なにわ建築保全

雨漏り解決の検査方法(赤外線サーモグラフィー)

赤外線サーモグラフィ 雨漏り検査についてハウスドクター工法赤外線サーモグラフィ検査の流れ 雨漏り検査について ハウスドクター工法 赤外線サーモグラフィ 検査の流れ
赤外線サーモグラフィーとは、温度をもつすべての物体から赤外線が放射されるという特徴を利用した検査方法です。

 

 

 

 

対象の温度に応じた波長分布を色画像として表し分析する装置をサーモグラフィ(サーモグラフィー)と言います。

温度の相対比較を簡単に分析できます。


赤外線サーモグラフィー導入のメリット

 

以前補修した雨漏りの再発が無いか?

その他に雨漏れがしていないか?

 

いままでの目視調査とは違い目では確認できない漏水箇所を熱画像で確認出来る為、漏水箇所(温度低下箇所)を解かりやすく報告します。

 

補修後にもう一度、漏水箇所を撮影する事で、本当に漏水が止まっているか、 熱画像で解かりやすく確認出来ます。

 

雨漏りがしていないか?という要望の場合

「雨漏りは有りません」というよりも、熱画像で確認頂ける為、解り易く施主様にもご安心頂けます。

 

熱画像による天井への雨水の溜り確認

 

赤外線サーモグラフィー目視では確認されないが、著しい温度の低下を確認する為、天井の開口を実施する。


(結果:雨漏り)

赤外線サーモグラフィー以前雨漏りしていた部位 赤外線サーモグラフィーでの確認 

(結果:雨漏りの再発)

 

※注意事項
温度分析であって水の浸入を感知するものではありません。
温度低下が確認されたからといって、雨漏りがしている。という事では有りません。
赤外線だけで調査するところもありますが、ほぼ不可能です。
確認が出来ても原因の予想といったところでしょう。
確かに漏れ箇所や雨水の伝いが発見できる事がありますが、様々な制約があります。

ご質問・ご要望は当社へご連絡下さい。